大人になって始めるマウスケア

口内の環境を良くする

医師にチェックしてもらう

このコラムをシェアする

早期発見と早期治療が大事

仮に虫歯や歯周病になっていた場合でも、初期だと自覚症状がないので、自分で気づけません。
痛みを感じたり見た目に変化が現れたりした頃は、すでに悪化していると覚えておきましょう。
その時に歯医者に行って治療を開始しても、治療中の痛みが大きくなるのでおすすめできません。
もっと早く病気に気づけるよう、定期検診を受けてください。

検診の時に、自分のマウスケアが正しいのか医師に判断してもらいましょう。
汚れが大量に残っている場合は、間違ったマウスケアを毎日繰り返していると判断できます。
病気のリスクが高まるので、医師から正しい方法やマウスケアのコツを聞いてください。
不安なことや疑問点も、この時に解決しておきましょう。

歯医者でしてもらえること

歯医者での定期検診で、歯をクリーニングしてもらえます。
すると歯垢や歯石といった、固くこびりついた汚れも落とせるので安心してください。
汚れを放置するとそのように固まってしまい、歯ブラシでは落とせません。
専門的な機器を使わなければいけないので、口内を綺麗にするためにも定期検診に行きましょう。
多くの歯医者では仕上げに、フッ素を歯に直接塗ってくれます。

フッ素が含まれる歯磨き粉やマウスウォッシュを使った時よりも大きな効果を発揮でき、こちらも重要なマウスケアに繋がります。
定期的に行けるよう、自宅や会社近くの歯医者を見つけておきましょう。
すぐ行ける距離だと、口内に異変を感じた時に相談できるので、病気の悪化を防げます。